今後の運営戦略の参考になる

よく読まれているページと滞在時間を分析する

ホームページの運営をしていく上で、アクセス解析は非常に重要といえます。というのはアクセス解析を行う上でホームページのどういった部分を強化していけばいいのか、また修正したり、削ったりすべきなのかといったことが見えてくるからです。たとえば、ホームページ内の特定ページにのみアクセスが集中していて、なおかつ、そのページから短時間で読者が離脱しているというデータが得られたとします。そこからわかることは、「そのページに書かれていることに閲覧者は興味を持っているものの、内容が薄いなど、なんらかの問題があるために短時間で去っている」ということです。
したがって、加筆をして読み応えがあるページにするなど、ページ内の問題を特定して改善することで閲覧者の満足度を上げることが可能になります。

多くの閲覧者が利用している端末を把握する

アクセス解析のデータを見ると閲覧者が利用している端末もわかります。それを踏まえて、多く利用されている端末に合わせたサイト作りをするのもいいでしょう。たとえば、普段、PCからホームページにアクセスしている人がサイトを作る場合、PCでの見栄えを重視して、スマホなどモバイル端末からの見栄えをおぞなりにしてしまうことが少なくありません。
しかし、アクセス解析データでPCよりもスマホからのアクセスの方がずっと多いということがわかったら、スマホからのアクセスを重視した運営をすべきです。たとえば、画像やスクリプトの量を少なくしてスマホでの読み込みを速くするといった対応をすると、モバイルユーザーにとって利用しやすいページになります。

ホームページ制作の実績は単に依頼数が多いだけではなく、出来上がったホームページに不具合が無いのが判断基準です。数は少なくてもクレームが無い所は質の良いホームページ作りが出来ると解釈することが可能です。