自分のホームページの人気度が分かる

人気度がわかればモチベーションを得られる

自分のホームページでアクセス解析を行うことは、サイトの人気度を測るという点でも重要です。自分のサイトがどれぐらいの人に見られているのか正確なデータがわかれば、サイト運営を続けていくモチベーションを得られるからです。たとえば、アクセス解析をまったくしていない状態でホームページの更新を続けていった場合、感想メールなどが送られてきたり、ネットで話題にでもならない限り、閲覧者がいるのかどうかさえわかりません。誰も読んでいないかもしれないページを更新していくというのはやはり難しいことであり、いずれ心が折れて更新をやめてしまう可能性があるでしょう。
しかし、アクセス解析を行って閲覧者がいるとわかれば、張り合いが出て更新意欲が向上する可能性が高いです。

どのようなユーザーに人気があるのかもある程度わかる

アクセス解析をするとサイト自体の人気度だけではなく、どういったユーザー層に人気があるのかもある程度わかります。たとえば、固定回線からスマートフォンを使ってアクセスしている閲覧者が多いと判明した場合、高校生や大学生、あるいは比較的若い大人に人気があると推測できます。というのは、中高年であれば自宅にいるときはPCを使ってサイトにアクセスする可能性が高いと考えられ、自宅にもかかわらずスマホを使うのはスマホしか持っていない若者という推測が成り立つからです。 当然、若い人が多くアクセスしていると判明したのであれば、若者向けのテーマを取り入れるといった工夫を行うことができるので、そういった点でもアクセス解析は役に立つのです。